赤ちゃんのお風呂の正しい入れ方を学んでおこう

産婦人科では、出産後のママたちに赤ちゃんの沐浴方法を教えてくれることが多いです。産後間もなくは産婦人科の看護師や助産師が代わりに沐浴を行ってくれる場合も少なくありませんが、自宅に帰れば、育児は全て自身で行う事になります。赤ちゃんをお風呂に入れる際には様々な注意点もある為、正しい入れ方をきちんと教わっておかなくてはなりません。産婦人科で正しいやり方を教わっておけば、自宅に帰ってからの沐浴も安心です。また、入院中には他の様々な育児のアドバイスも行われるケースが珍しくありません。産後はなかなか体が思うように動かないかもしれませんが、産院内で開かれる母親学級には積極的に参加しておきましょう。また、出来れば一緒に育児をするパパが参加できる機会があれば、沐浴方法を覚えてもらう為にも参加してもらうことをお勧めします。

赤ちゃんのお風呂の入れ方

赤ちゃんが小さいうちは、そのお世話も大変なことが多いです。中でもお風呂の入れ方には、気を使います。新生児のうちは、体も小さく、首もすわってもいませんので、ベビーバスなどを使って入れることが一般的です。頭をしっかりと支えながら、ガーゼなど優しい素材で体を洗います。大人用のボディーソープでは刺激が少し強い為、赤ちゃん用のものを使うと良いでしょう。新生児はミルクを吐いてしまったり、ヨダレがたくさん出たりで首のあたりに汚れが溜まることが多いので、丁寧に洗うと良いでしょう。生まれてから1、2ヶ月のうちはベビーバスを使った方が安全ですし、楽にお風呂に入れることができます。しかしそれ以降は、一緒に入るという家庭が多いです。頭が水に入らないように手できちんと支えながら、湯船に浸かります。小さなうちは何かと大変ですが、いつの間にか楽になっていくことでしょう。

首が据わっていない赤ちゃんのお風呂の入れ方

赤ちゃんは大人に比べて新陳代謝が活発で、汗をかきやすいです。なるべく毎日お風呂に入れるようにしましょう。もし入らない時でもお尻や頭など体を拭くようにしましょう。まだ首が据わっていない時のお風呂の入れ方は、首を手でしっかり支えてお風呂に入るようにしましょう。首を支えていないと、首がぐらぐらして不安定です。首回りや手、お尻などは汚れやすいので、よく洗うようにしましょう。強くこすると肌が赤くなってしまうので、強くこすらずに優しくこすって汚れを落とすようにしましょう。長く湯船に入っていると疲れてしまうので、長く湯船に入るのは止めましょう。一人で入れる場合はバスチェアなどがあると、自分が洗っている時に待たせておくことが出来るので便利です。赤ちゃんがお風呂を好きになってくれるように、自分自身も楽しみながら入ることが大事です。